本文へスキップ

社会福祉法人ジェイエイみえ会

電話でのお問い合わせはTEL:059-381-5586

〒510-0226 三重県鈴鹿市岸岡町589-6

沿革HISTORY

T.法人設立の趣旨及び目的

教育方針イメージ

三重県厚生連は、ますます加速する地域社会の高齢化に対応し、医療・保健・福祉を総合した幅広いサービスに対するニーズの高まりに応える必要があり、鈴鹿厚生病院の新築に伴い精神医療の分野で医療と地域をむすぶ社会復帰施設の設置が求められていました。一方、JAにおいても今後農家や地域住民の高齢化が進み、老人福祉事業への展開は不可欠となってきているなか、福祉施設の設置主体となる「社会福祉法人」の設立が必要となり、厚生連が主体となってこのような法人を設立し、広く県下JAに参加を求め、JAと一体になって福祉事業を推進していくことを目的としております。  以上の趣旨及び目的に御賛同を頂き、三重県厚生連 経営管理委員会 故 前田 美種前会長の他10名の方によって、平成14年12月18日に、「社会福祉法人 ジェイエイみえ会設立発起人会」が開催され、諸検討を重ね設立申請を行い、平成15年6月9日に「社会福祉法人 ジェイエイみえ会」が、法人認可されました。


U.平成16年8月より鈴鹿地域で最初の精神障害者社会復帰施設を開所

@ 精神障害者生活訓練施設「さんさん」(短期入所を併設)
A 精神障害者福祉ホームB型「鈴鹿の里」
B 精神障害者地域生活支援センター「ふれあいの家」


V.障害者自立支援法に基づく事業形態移行について

目標イメージ(1) 障害者総合相談支援センターへの共同参画(平成19年4月1日より) 精神障害者地域生活支援センター「ふれあいの家」は、障害者自立支援法 施行に伴い、平成19年4月より精神障害分野以外の身体障害分野の「けやき福祉会」及び知的障害分野の「和順会」の2つの社会福祉法人と『障害者 総合相談支援センターあい』に共同参画し、主として、鈴鹿・亀山両市より相談支援事業委託を受け事業展開を行っています。
(2) 就労継続支援B型事業所 すずわ の開設(平成21年4月1日より) 家族会が運営されていた「小規模作業所 すずわの家」が、平成21年3月 末に閉所されるに伴い、鈴鹿市のご理解のもと、就労継続支援B型事業所 すずわ を開設し現在に至ります。
(3) 自立訓練(生活訓練及び宿泊型自立訓練)事業所 さんさん を開設 (平成22年4月1日) 精神障害者生活訓練施設「さんさん」(短期入所を併設)及び精神障害者福祉ホームB型「鈴鹿の里」を平成22年3月末にて閉所し、中間施設としての役割を担える施設体系に移行開設し、現在に至ります。
「障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律」に伴い地域移行支援・地域定着支援の個別強化の施策を受けて
(4) 一般相談支援事業所(地域移行・地域定着) りんく を開設(平成24年4月1日より)
(5) 特定相談支援事業所 りんく を開設(平成24年4月1日より)

information

社会福祉法人ジェイエイみえ会

〒510-0226
三重県鈴鹿市岸岡町589-6
TEL:059-381-5586
FAX:059-384-0525